自費出版の編集はめでぃあ森|めでぃあ森について

役員経歴

森 恵子(もり・けいこ) 出版コーチ  代表取締役
和歌山大学教育学部卒。「家庭画報きものサロン」「読売ウイークリー」をはじめ女性誌、週刊誌、書籍の企画・編集・ライティングに携わり、丁寧で質の高い誌面づくりを行う。これまで取材した著名人は300人以上。講談社社史『物語 講談社の100年』では女性誌・実用書・児童書分野を執筆、編纂。2009年に初めて自費出版に携わり、評伝を執筆から装丁まで手がけたことが転機となる。刊行後の当事者や関係者の感動は大きく、1冊の書籍が当事者の実人生やビジネスに多大な影響を及ぼすことを改めて実感。
2012年に「株式会社めでぃあ森」設立後は、「“この本を出版してよかった!”と感動してもらえる本づくり」を企業理念に、マーケティングの視野を広げて現在に至る。
著書に、『ハウスワイフはライター志望』(社会思想社)、『シネマきもの手帖』(同文書院)、『たったひとりの12年』(グループわいふ)、共著に『本の本音』『小説50』(ともに情報センター)がある。