自費出版の編集はめでぃあ森|自費出版のよくある質問

はじめに

答え自費出版するとき、知っておきたい知識をQ&Aでご案内します。

書籍制作の全体像がわかるようにご説明しますが、ご質問のある方はお問い合わせください。
お問い合わせはフォームはこちら

回答は直接お送りするほか、質問者の許可を得て、このページにも反映させていただきます。

制作費について

質問自費出版の費用」のページを見ると、すごく差がありますね。どうしてこんなに差があるんですか?
答え 費用を決める要素がたくさんあるからです。大きな要素をいいますと、
①原稿の有無
②写真やイラストの有無
③書籍の仕様(A:判型 B:装丁 C:紙の種類 D:ページ数)
④本文デザイン
⑤校正
⑥印刷部数
⑦販売の有無
があります。
それぞれについて、説明しましょう。

原稿がなくても本ができる?

質問  「原稿の有無」とあるけど、原稿がなくても出版できるの?
答え はい、できます。資料やインタビューをもとにして、ライターが著者に代わって原稿を書くという方法です。
ビジネス書の資料は、雑誌などに発表した原稿、セミナーの録音、ブログ記事など、自叙伝の場合は手紙やメモなどですが、資料だけで本はできません。
章だてが決まった後、1回2時間のインタビューを6~8回行って、ライターが原稿を書きます。
質問 ②「写真やイラスト」はあってもなくてもいいんだよね?
答え もちろんです。必要ならプロのカメラマンやイラストレーターに依頼することもできるということです。

判型(はんけい)・装丁(そうてい)って何?

質問  ③「書籍の仕様」にある、「判型」について教えてほしい。
答え 判型は、B4やA5といった印刷物のサイズのこと。代表的な判型は次の通りです。

  20130613-hankei.jpg

質問 「装丁」という言葉はよく聞くけど、この際、ちゃんと知っておきたいんだ。
答え 表紙、扉、カバーといった本の外側の仕様やデザインのことで、「ブックデザイン」とも言います。
表紙には、柔らかい表紙(並製・ソフトカバー)と固い表紙(上製・ハードカバー)があるのはご存知と思います。日本の書籍は、この表紙の上にカバーを付けるのが一般的です。ブックデザインで書籍のイメージが変わりますから、装丁家や編集デザイナーの腕のみせどころなんです。
質問  ④「本文デザイン」というのは? 
答え  原稿を書籍の本文の形にすることです。編集デザイナーが書籍編集用ソフトを使って、決められた判型にデータを配置します。
詳しくいうと、ふさわしい書体や文字の大きさを決め、写真やイラスト、図表などを配置するんです。手書き原稿や紙焼き写真の場合は、デジタルデータに変換してから編集ソフトを使います。

校正は誰がするの?

質問 「校正」は字の間違いを直すことですよね? 著者だけでなくほかの人もしてくれるんですか?
答え はい、弊社では、(A)編集者だけの校正、(B)編集者と専門家(校正者)による校正、2つのパターンを用意しています。どちらの場合も、文字の間違いだけでなく、主語と述語が呼応していないといったこともチェックします。
質問  専門書や論文のような本なら、内容についてのチェックも必要でしょ。
答え 内容に踏み込んで間違いを正すことを「校閲(こうえつ)」といいますが、依頼があれば、プロの校正者が校閲もいたします。

印刷部数で印刷単価が変わる?

質問 「印刷部数」で出版費用が変わるのはわかるんだけど、どれぐらいどう変わるか、法則のようなものはある?
答え  印刷費はたくさん刷れば刷るほど、1冊あたりの単価がぐんと安くなります。紙の種類によっても変わってきますが、オフセット印刷(もっとも一般的で品質のよい印刷方法)での、印刷部数(冊数)と1冊あたりの印刷費の関係をざっくり言えば、こんな感じになります。
<印刷α社 : 四六判、並製、表紙カバー2色、本文1色、本文192ページ> 

20130612-instsubusu.jpg

質問 すごく違うんですね。100部なら1冊あたり2000円以上かかるのに、1000部なら500円もしない。
答え そうなんです。といっても、たくさん印刷すればいいというものでもありません。部数を絞って出版したいときは、オンデマンド印刷があります。

質問 オンデマンド印刷って?
答え 1冊から制作できる印刷です。トナー方式で、高度なコピー機印刷のようなものです。
以前は、オフセット印刷に比べて仕上がりに差がありましたが、最新のオンデマンド印刷機ではその差が小さくなりました。
書籍の仕様にもよりますが、200部ぐらいまでならオンデマンド印刷のほうが安価です。部数やページ数、判型が決まれば、どちらがリーズナブルか、ご提案します。

本を売りたいときは?

質問本を売りたいときは、どうすればいい?
答え まず、次の4パターンのうち、どれかをお決めください。
A:全国の書店とネット書店で売る
B:地域の書店とアマゾンで売る
C:アマゾンだけで売る
D:セミナーなどで直販だけする
Aの場合は弊社が制作し販売は大手出版社からになりますので、部数は少なくても1500部以上になります。B~Dの場合は、500~1000部程度を目処としてお考えください。
質問 この4つのパターンで部数が変わるんだね。
答えはい、部数が変わるだけでなく、A~Cの場合は、ISBN(アイエスビーエヌ、日本図書コード)が必要です。Aは大手出版社で、B・Cは弊社のものを付けます。
質問   ISBNって?
答え 世界中で「この本」と書籍を特定し、流通させるための番号のことです。書店やネットで売っている書籍の裏表紙にバーコードがついていて、下に13桁の数字が印刷されていますが、あの番号のことです。
質問  ISBNを付ければOK?
答え ネット販売だけなら、それでOKです。書店で販売するなら、スリップと呼ばれる「売上カード」を印刷します。本に挟んで出荷して本屋さんのレジで抜く、二つ折りの栞のような紙のことです。
質問 ほかには?
答え 必ず要るものではありませんが、書店で目立つように、カバーの上にさらに「帯」を付けることも多いですね。

編集者の仕事って?

質問 編集者ってどんな役割の人で、どんな仕事をするの?
答え 現場の責任者、「ディレクター」のことです。旅行では「ツアーコンダクター」、オーケストラでは「指揮者」のような役割をします。
具体的には
・章だてや書籍の仕様などを著者と相談し提案
・ライター、イラストレーター、編集デザイナー、印刷所などとの打ち合わせや指示
・取材・撮影の立ち会い
・原稿チェック
などがおもな仕事です。
弊社の場合、イラストや写真は何人かの候補の作品をご覧いただいて、著者に決めていただくコンペ方式ですから、候補を選んで提案といった仕事も編集者がします。